定款の事業目的について

定款の目的に「産業廃棄物収集運搬業」の文言は必要か?

産業廃棄物収集運搬業の許可取得の際には会社の定款の写しも登記簿謄本も添付しなければ成りません。そして、そのどちらにも記載が有るのが、(御社の)「事業の目的」の項目

そこで気になるのが、もし産業廃棄物収集運搬業の許可取得をしようと考えている会社の定款(謄本)の事業目的に「産業廃棄物収集運搬業」という記載が無い場合の許可の可否について。

許可取得可能?定款を変更しなければならない???

答えは・・(東京、埼玉など関東近県のはなしでそれ以外は確認が必要ですが)実は、原則事業目的に「産業廃棄物収集運搬業」の文言が無くても産業廃棄物収集運搬業許可取得は可能です。(「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に「定款に産業廃棄物収集運搬業」の記載がなければ許可をしない」といういうような条文が無いので)しかし、民法第43条では「法人は法令の規定に従い、定款又は寄付行為で定められた目的の範囲内において、権利を有し、義務を負う」と定められているし(この点は定款の目的の一番最後に付けられている「第●号 前各号に付帯する一切の行為」でカヴァーされていると言う考え方も有ります)、現に埼玉県では「許可は出しますが、”付けたして頂くように指導”はします」とのスタンスをとっております。
そして、その他の許認可(建設業や古物商)を見ても定款の目的の記載はかなりうるさいです。かなりうるさいというより、例えば古物商の許可申請を管轄の警察署に出そうとするときに定款の目的に「古物商」などの文言がないと許可は下りません。

当事務所ではこれらの事を勘案し、御社の取引上の安全性・信用度なども考えて「定款になるべく記載して下さい」とご指導はさせていただいております。

産業廃棄物の許可に関するお問い合わせ

産業廃棄物(収集・運搬)や中間処理業、特別管理産廃などの許可申請手続きで、何かお困りでしょうか。産廃専門の行政書士が対応いたします。お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

Top