マニフェストとは

選挙の時等によく耳にするマニフェスト(manifest)とは、産業廃棄物関連でも使用します。「積荷目録」や「乗客名簿」を意味する英語です。正式名称は「産業廃棄物管理票」といいます。
マニフェスト制度は排出事業者(ゴミを出す工場や会社)が処理を委託した産業廃棄物の移動、及び処理の状況を、自ら把握するためにあります。そして、廃棄物を出す会社や工場はマニフェストを準備して置かなければならないのです。 (マニフェストは各都道府県の産業廃棄物協会で購入することができます

マニフェストには廃棄物の
①種類
②数量
③収集運搬業者名
④処分事業者名など
を記入して、事業者から事業者へ、産業廃棄物と共に流通させます。マニフェストは7枚つづりの複写式になっており、排出事業者(ゴミを出した会社)が廃棄物と共にマニフェストを収集運搬業者に渡し、その際、排出事業者が1枚(A票といいます)を控えとして残しておきます。そして、収集運搬業者・処分業者に廃棄物がわたるごとに、「確かに運搬・処分しました」と示すため、収集運搬業者・処分業者に一部が渡り、それぞれの同じものの複写分が排出時御者に送られます。最終処分が終了すると、E票というものが処分終了の証として、排出事業者の元に返ってきます。
つまり、収集運搬・処分事業者・最終処分事業者の各工程が終了するごとに、排出事業者の元にマニフェストが戻ってくる仕組みになっています。
排出事業者はマニフェストの交付から収集運搬業者・処分業者から90日以内・最終処分業者からは180日以内にそれぞれのマニフェストの複写になっている部分(A票とかB票などといいます)が返ってこない場合は、廃棄物処理の状況を確認すると共に、その旨を行政に報告しなければなりません。

マニフェストの保管義務

マニフェストは、排出事業者(委託者)と処理業者(受託者)の双方が、それぞれ産業廃棄物の処理記録として、5年間保存しておかねばなりません。

再委託の禁止

再委託とは、排出事業者が当初に委託契約を結んだ処分業者が、委託した廃棄物の処理を他の業者に委託するすことで、この行為は法律により原則禁止としております。

産業廃棄物の許可に関するお問い合わせ

産業廃棄物(収集・運搬)や中間処理業、特別管理産廃などの許可申請手続きで、何かお困りでしょうか。産廃専門の行政書士が対応いたします。お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

Top