収集運搬業の登録車両、賃貸借はOK?

親・知人・関連会社から借りた車では産廃収集運搬業の許可が取れません

産業廃棄物収集運搬業の許可申請時には使用する車両を登録しなければ成りません。その際リース契約をして「リースした車」はその他の許可基準(排ガス規制などあり)を満たしていれば、なんの問題もなく産業廃棄物収集運搬業に使用する車両として登録することができます。しかし、親・知人又は同族会社の所有している車を、キチンと契約書も作って借りた場合は残念ながら、産業廃棄物収集運搬業許可の要件を満たさないことと成ります。

車検証の「使用者の欄」に許可申請者の名前の記載があることが必要

産業廃棄物収集運搬業の許可申請時には「登録車両の車検証のコピー」を添付しなければならないのですが、その「使用者の欄」には「産業廃棄物収集運搬業許可申請者の名前の記載」が無いといけないのです。

「リース契約」の車検証には「所有者の欄」には「リース会社」などの名前が載ってきますが、「使用者の欄」には「リースしている人(この場合は産業廃棄物収集運搬業の許可申請者)の名前」が記載されます。

しかしながら、知人や関連会社から「車を借りる賃貸借契約」の場合ですと、車検証の名義を変更しない限り「使用者の欄の記載名」は持ち主のままです。。。

以上のようなことから、現在では登録車両が「賃貸借(無料の場合は使用貸借)」では産業廃棄物収集運搬業の許可要件を満たさないと言うことになっております。

また、産業廃棄物収集運搬業を受けようとするのが「会社(法人)」である場合」において、登録しようとしている車がたとえ「社長(代表取締役)の名義の車」でも、許可はおりません。「法人名義への変更」が求められます。

当事務所では、リース契約の解除からの車両の名義変更から全てをワンストップで承っております。お持ちの車両で産業廃棄物収集運搬業の許可が取得可能かお悩みの際は是非、当事務所までお問い合わせください。

>>>>お問い合わせフォーム

ローカルルールの

産業廃棄物の許可に関するお問い合わせ

産業廃棄物(収集・運搬)や中間処理業、特別管理産廃などの許可申請手続きで、何かお困りでしょうか。産廃専門の行政書士が対応いたします。お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

Top