産業廃棄物収集運搬業(積替保管あり)とは?

 

産業廃棄異物収集運搬業(積替え保管あり)とは?

そもそも、産業廃棄物収集運搬業(積替え保管あり)の「積替え保管あり」とは何でしょうか?

産業廃棄物収集運搬業(積替保管あり)とは集めた産業廃棄物を自社の保管場所におろして一時的に保管したり、一旦おろして他の車に詰替えて産業廃棄物処分場に持っていくことができる許可です。

わざわざ「産業廃棄物収集運搬業(積替保管あり)」と括弧書きで書いているのは「積替保管あり・積替保管施設設置」だけの許可というものは存在せず、「産業廃棄物収集運搬業許可」のひとつの形態です。

産業廃棄物収集運搬業の許可で出来る業務は、「廃棄物の排出現場でゴミを積み込む」ことと「廃棄物処理施設で積み荷を降ろすこと」だけです。その途中のどこかでゴミを下すことは出来ません。更に積んでいる産業廃棄物を下さないからと言って、車(コンテナなど)に積んだまま処理場に持ち込みに行かず、自社の駐車場等で一晩おいておくことも禁じられております。つまり原則的に産業廃棄物を積みこんだら処理施設に直行しなければなりません。(このあたりは様々な見解のあるところです)

例えばですが、「午後の4時にどこかの工事現場で廃棄物を積み込んだけれど、処理施設が5時で閉まってしまったから止むを得ず一晩だけ車に積んだまま自社の駐車場に保管してしまった」という場合でも罰せられる可能性が有ります(罰せられないまでも反省文などの提出が求められる)。(罰せられる場合は最悪で無許可営業で5年以下の懲役または1000万円以下の罰金もしくはその両方)

産業廃棄物収集運搬業では「連続性」が重要

しかし、これらの事例はあくまで原則論であって実務上・現実的には「工事現場で産業廃棄物が出て、それを回収するのは午後遅くや、時には処理施設が休日の土曜日・祝日であり、やむを得ず自社に持ち帰り一晩(二晩)経ってから処理施設に持ち込むことが多い」のも現実です。

ここで問題になるのが「連続性」と言われるものです。

つまり「積み込んでからどこかで下ろすまでが連続して行われているか?」と言うことが問題となるのです。そして、上記の例のような「車上での保管」は議論の対象となることも結構あります。もう一つ例を上げると、「東京で産業廃棄物を積み込み仙台の処理場へ運ぶ際に、途中のパーキングでゴミを積んだまま休憩して一晩過ごす」という事例においては、「連続性」が認められて勿論「産業廃棄物収集運搬業(積替保管有り)」の許可は必要ありません。自社に持ち帰った産業廃棄物をを駐車場におろしてしまったり、ほかの車に詰替えたりすることは議論の余地なく「連続性は認められず廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反」となります。

しかし、「積替え保管施設」が有れば、そこに決められた種類の産業廃棄物は決められた量だけ保管することが出来ます。

産業廃棄物(積替え保管あり)を取っておけば、上記の例のように時間ギリギリでゴミの積み込みも出来ますし、ある程度の量を貯めた後でまとめて処理施設の運ぶことも出来るのでコストの削減も出来ます。施設によっては一定量以上の産業廃棄物しか受け入れない施設もあるので、その面でも業務の効率化・コスト削減ができます。

許可の取り方にもよりますが、他の産業廃棄物収集運搬業者のゴミを預ることも可能な施設の許可です。

 

産業廃棄物の許可に関するお問い合わせ

産業廃棄物(収集・運搬)や中間処理業、特別管理産廃などの許可申請手続きで、何かお困りでしょうか。産廃専門の行政書士が対応いたします。お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

Top