●産業廃棄物収集運搬業(積替え保管あり)の取得に必要な手続き

許可取得に最低半年はかかります!

産業廃棄物収集運搬業(積替え保管あり)の許可取得は、審査も厳しいので許可取得まではどんなに順調に行っても最低でも半年はかかると思って頂いたほうがよいです。

産業廃棄物収集運搬業(積替え保管あり)の許可取得手順(東京都の場合)

① 御社に伺い収集運搬を行う産業廃棄物の種類等も含め事業内容のヒアリング

積替え保管の仕方などお決めになっているようでしたらお聞かせ下さい。

② 積替え保管場所の内見と写真撮影

③ 積替え保管場所を管轄する市・区役所で「指定作業所」の届出の事前協議

東京都では「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」によって産業廃棄物収集運搬業の積替え保管施設は「指定作業所」と定められている為、各市区町村に届出を出さなければなりません。この場合に必要となる基準は概ね以下の通りと成ります(各市区町村によって取扱いにかなりの差異がございますので注意が必要です)。

ⅰ)騒音・振動の対策がなされている

ⅱ)防臭・防じん対策がなされている

ⅲ)排水施設が整っている

ⅳ)近隣住民の事前同意が得られている(「事前説明」でも可能です)

④ 東京都環境局での事前の相談

東京都では週に一回「産業廃棄物収集運搬業(積替え保管あり)」の専門の事前相談が行え、かなり詳しく突っ込んだ相談が出来ます。但し、この相談は事前の予約が必要となっているので注意が必要です。

⑤ 事前計画書の作成

運んで保管する産業廃棄物の保管場所の概要(保管量が特に重要です)、保管方法(産業廃棄物の積降し・選別・保管・積み込み・搬出まで詳しく)、防音・防振・防臭・防じん対策の概要等まで詳しく書面にします。

ここでも住民同意が必要ですが、東京都の場合は「絶対に近隣住民全員が賛成しなければならない と言うものでは有りません。(埼玉県等で産業廃棄物収集運搬業(積替え保管あり)の取得をする場合は施設周辺半径200m以内の住民同意が必須となるので実質不可能と言うことも多いです)

⑥ 提出した事前計画書に基づいた現地調査

⑦ 現地調査に基づいた審査をクリアした後に「産業廃棄物収集運搬業(積替え保管あり)」の申請書提出

⑤⇒⑥⇒⑦の間等でそれぞれ、審査期間2ヶ月弱あるため、最初のご相談から許可取得まで、諸々含めると最低でも半年、多くは1年近くかかります。

許可権者が注意を払う点について

産業廃棄物収集運搬業(積替え保管あり)はかなり難易度の高い許可ですが、以下の二点が特に厳しく見られております

● 保管量がしっかりとまもられているか

産業廃棄物保管量の計算はかなり厳密にしなければなりません。床に直に置きでも構いませんが、その場合は産業廃棄物を「直方体」に置くことが事実上出来ないため、「三角錐」の形で計算させられる等、かなり保管量が制限される上に、その保管量は届け出るため、実務上も厳守となるので注意が必要です。

● 防音・防振・防臭・防水などの措置がしっかりととられているか

近隣に民家があると、「騒音」も問題視されますが、東京都などが、かなり気を使っているのが、「場内から漏れる水」です。

施設内で使った水が、施設の表玄関から、隣接している道路に少しでも流れ出るようですと「近隣住民から苦情が来るから(汚らしく見えるため、苦情の温床になる)」と言われて、盛り土をして道路に向う傾斜を緩和して、水漏れが出ないような措置を取らされる場合が有ります。

許可権者によって取り扱いの差異が大きい許可です

産業廃棄物収集運搬業(積替え保管あり)はとにかく許可権者である各都道府県による取扱が大きく異なる許可です。手続きもかなり違いありますので、何度も役所に足を運び確認しながら申請を進めていかなければならない、非常に手間・時間のかかる申請となっております。

 

産業廃棄物の許可に関するお問い合わせ

産業廃棄物(収集・運搬)や中間処理業、特別管理産廃などの許可申請手続きで、何かお困りでしょうか。産廃専門の行政書士が対応いたします。お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

Top