産廃の講習会を受ける役員さんについて

産廃講習会についてよくあるご質問

その1:産廃の講習会受講者は他社と兼任が出来ますでしょうか?

回答:実は他社との兼任は可能です

建設業許可の中にある、「経営業務の管理責任者」と「専任の技術者」に関しては、建設業許可を定めている「建設業法」上でも「常勤」と言って、月曜日から金曜日まで9時・17時で、その許可会社(申請会社)に勤務していなければなりません。(ただし、経営業務の管理責任者=許可会社(申請会社)の役員ですが、この方は他社での「非常勤の役員」は兼任可能です。(諸条件があることと、自治体によっても取り扱いが違うので、その辺りは要確認ですが)その点で、申請会社とは別の会社でさらに「経営業務の管理責任者」や「専任の技術者」になることはできません。

もし、「そんなの分からないでしょ?」と思って他社で経営業務の管理責任者・専任技術者をやっている方を、申請書に書いて申請してもバレます。全て全国を網羅したデータベースで管理されておりますので。

それに対して、産業廃棄物処理業(収集運搬業・処分業)の許可申請に必要な「産廃講習会の受講者(申請会社の役員さんである必要はあります)」は実は「他社で産廃の講習会の受講修了者として登録している役員さんでも、新たに産廃講習会修了者として登録は可能」となります。

しかし、、、、だからと言って「名義貸し」のようなことはやめましょう!これは法律違反です。

その2:産廃の講習会受講者が辞めてしまって今いないんですが・・

回答:次回の講習会の時までに代わりの方が受講していれば大丈夫です

又、比較が建設業許可になりますが、建設業許可に於ける「経営業務の管理責任者」と「専任の技術者」は許可を持っている間は一日たりとも「不在」の期間を作ることは許されず、例えばですが、不慮の事故でどちらかの方がお亡くなりになり後任の方がいらっしゃらない場合は「お亡くなりになった日をもって許可の取り消し」(若しくは自主的な廃業)となります。それに比して、産業廃棄物の許可に関しては、「許可申請時(更新許可申請時)」にだれか該当者が存在していればよく、その方がずーっといなければならないということはございませんのでご安心下さい。

その3:更新の講習会って前回と同じ役員が受けないとだめですか?

回答:(勿論更新申請会社さんの役員さんに限られますが)前回とは違う方でも大丈夫です。

産業廃棄物収集運搬業の講習会は、新規の講習会で平日の2日間を、更新の講習会でも平日の1日を丸々つぶすことになります。多忙な法人役員さんにとってみると物凄く大きな負担となることから、「今回は社長がちょっと都合が悪いので、他の役員でいいですか?」というお客様は非常に多いです。

実はこれも全然大丈夫です!安心して他の役員の方が受講なさって下さい。

その4:講習会受けていないけど、今すぐ許可申請をしたい

実はこれが一番困ります(笑)令和2年4月から当面は新型コロナウィルスの影響もあり、環境省からお達しがでて「講習会の受講を後回しにして(新規・更新ともに)申請を受け付ける」という措置をとっている自治体がほとんどですが、これは「新型コロナウィルスによる特例措置」なので、通常は勿論「講習会の受講修了証」が申請書に添付必須となっております。それでもどうしても・・・とお考えの方は「裏道」はないですが「最短」で許可取得できる方法をご提案させていただきますので、是非弊所にお問い合わせください。

産業廃棄物収集運搬業から産業廃棄物の処理施設の申請までご相談承れます

東京都西部 三多摩地区 多摩地区 世田谷区 中野区 杉並区  八王子市 立川市  武蔵野市  三鷹市 青梅市  府中市   昭島市  調布市  町田市  小金井市  小平市  日野市  東村山市  国分寺市  国立市  福生市  狛江市  東大和市  清瀬市 東久留米市  武蔵村山市 多摩市 稲城市  羽村市 あきる野市  西東京市 西多摩郡瑞穂町 西多摩郡日の出町 西多摩郡檜原村 西多摩郡奥多摩町

即日、ご連絡・電話相談いたします。(お伺いなどの日程は調整させていただきます)

産業廃棄物の許可に関するお問い合わせ

産業廃棄物(収集・運搬)や中間処理業、特別管理産廃などの許可申請手続きで、何かお困りでしょうか。産廃専門の行政書士が対応いたします。お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

Top