産業廃棄物収集運搬業(積替保管あり)許可徹底解説

弊所が関与させて頂いいる産業廃棄物処理業のお客様の80%が建設業者さんでいらっしゃいます。そうすると、「産廃を運ぶ」シチュエーションというは「下請けで入った現場で出た廃棄物を収集運搬する」ということになります。そこでよく上がる声が「イチイチ仕事上がりに処理施設に持っていくは時間とお金の無駄・・」「そもそも、17時に現場上がってから処理場に持って行っても閉まってるし・・」「現場から出る廃棄物って一回一回はそれ程の量でもないんだよね・・」というもの。

そのようなジレンマを解決してくれる方法が、「産業廃棄物収集運搬業(積替え保管あり)」という許可になります。弊社にも良く建設業者様のお客様からご依頼を頂き、珍しい所では「道路工事の際のアスファルトカッター工事から出る”カッター汚泥”を地面の貯蔵タンクに保管する」という許可にも取らせていただいております。

「産業廃棄物収集運搬業許可の積替え保管あり」を取りたいという事業者様で「こんなモノ(産廃)を置く場所(仮置き場・積替え保管施設)を作りたいんだけど、どうした良いんだろう?そそもそも場所ってどのようなところが必要なの?」というようなお悩みがある方のご相談にもならせて頂きます。。

そこでまず産業廃棄物収集運搬業積替え保管ありについての基本事項の確認をさせて頂きます。

産業廃棄異物収集運搬業(積替え保管あり)とは?

そもそも、産業廃棄物収集運搬業(積替え保管あり)の「積替え保管あり」とは何でしょうか?

産業廃棄物収集運搬業(積替保管あり)とは集めた産業廃棄物を自社の保管場所におろして一時的に保管したり、一旦おろして他の車に詰替えて産業廃棄物処分場に持っていくことができる許可です。

わざわざ「産業廃棄物収集運搬業(積替保管あり)」と括弧書きで書いているのは「積替保管あり・積替保管施設設置」だけの許可というものは存在せず、「産業廃棄物収集運搬業許可」のひとつの形態です。

産業廃棄物収集運搬業の許可で出来る業務は、「廃棄物の排出現場でゴミを積み込む」ことと「廃棄物処理施設で積み荷を降ろすこと」だけです。その途中のどこかでゴミを下すことは出来ません。更に積んでいる産業廃棄物を(車の荷台から)下さないからと言って、車(コンテナなど)に積んだまま処理場に持ち込みに行かず、自社の駐車場等で一晩おいておくことも禁じられております。つまり原則的に産業廃棄物を積みこんだら処理施設に直行しなければなりません。(このあたりは様々な見解のあるところです)

例えばですが、「午後の4時にどこかの工事現場で廃棄物を積み込んだけれど、処理施設が5時で閉まってしまったから止むを得ず一晩だけ車に積んだまま自社の駐車場に保管してしまった」という場合でも罰せられる可能性が有ります(罰せられないまでも反省文などの提出が求められる)。(罰せられる場合は最悪で無許可営業で5年以下の懲役または1000万円以下の罰金もしくはその両方)

産業廃棄物収集運搬業では「連続性」が重要

しかし、これらの事例はあくまで原則論であって実務上・現実的には「工事現場で産業廃棄物が出て、それを回収するのは午後遅くや、時には処理施設が休日の土曜日・祝日であり、やむを得ず自社に持ち帰り一晩(二晩)経ってから処理施設に持ち込むことが多い」のも現実です。

ここで問題になるのが「連続性」と言われるものです。

つまり「積み込んでからどこかで下ろすまでが連続して行われているか?」と言うことが問題となるのです。そして、上記の例のような「車上での保管」は議論の対象となることも結構あります。もう一つ例を上げると、「東京で産業廃棄物を積み込み仙台の処理場へ運ぶ際に、途中のパーキングでゴミを積んだまま休憩して一晩過ごす」という事例においては、「連続性」が認められて勿論「産業廃棄物収集運搬業(積替保管有り)」の許可は必要ありません。自社に持ち帰った産業廃棄物をを駐車場におろしてしまったり、ほかの車に詰替えたりすることは議論の余地なく「連続性は認められず廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反」となります。

しかし、「積替え保管施設」が有れば、そこに決められた種類の産業廃棄物は決められた量だけ保管することが出来ます。

産業廃棄物(積替え保管あり)を取っておけば、上記の例のように時間ギリギリでゴミの積み込みも出来ますし、ある程度の量を貯めた後でまとめて処理施設の運ぶことも出来るのでコストの削減も出来ます。施設によっては一定量以上の産業廃棄物しか受け入れない施設もあるので、その面でも業務の効率化・コスト削減ができます。

許可の取り方にもよりますが、他の産業廃棄物収集運搬業者のゴミを預ることも可能な施設の許可です。

東京都では搬入か搬出かどちらか一方が「自社だけ」になっていればよく搬入を「自者及び他者」にすれば他者物の請けいれも可能になります。

産業廃棄物収集運搬業積替え保管施設ありの許可をとるには

必要な手続き

※ ここに示したのはあくまで一例(東京都の基準)で許可を取得する都道府県及び区市町村によって、必要な手続き及び必要な書類にはかなりの相違がありますので注意が必要です。

・設置する自治体へ指定作業所設置の届け出

・積替え保管する産業廃棄物の種類と量にによっては消防署への届け出

・市区町村の条例によっては下水道局への届け出

・廃棄物対策課への事前計画書の提出

〇(廃棄物対策課担当官の現場の審査)

・東京都廃棄物対策課への産業廃棄物収集運搬業許可(積替え保管あり)の許可申請(「業の許可申請」と呼ばれます)

指定作業設置申請と事前計画書の申請に必要な書類

指定作業所の設置届に必要な書類

・指定作業所設置届け出書(廃棄物積替え保管場所の敷地の状況及び構造、騒音振動防止の方法の詳細などを含めて収集運搬事業の詳細などを記載します)

・指定作業所の位置図・案内図(用途地域がわかる図面を含む)

・建屋、作業所の平面図・立面図・矩計図(かなばかりず)などの図面類

・重機を使用する場合は重機の仕様書

事前計画書に必要な書類

・施設の案内図・周辺図

・用途地域を示す図面

・施設内配置図(排水溝等の汚水雨水処理施設の図面含む)

・施設の写真(外観・内観及び周辺を含む)と写真撮影場所を示す図面(地図(図面上)で写真の撮影方向を示します)

・作業手順説明書

・積替え保管を行う産業廃棄物の一覧

・作業手順の説明書

・保管場所の図面及び容量計算(保管容量は厳守なのでこの書式は注意です)

・保管容器のカタログ(コンテナ等を使う場合にはコンテナの図面・カタログを添付します)

・施設の清掃に関する手順書

・生活環境保全に関する説明書(東京都(自治体)は周辺住民からの苦情を一番気にしています)

・施設の使用権原を示す書類(土地・建物登記簿謄本、賃貸借契約書等(公図含む))

・(使用する)重機の一覧表(重機の写真も貼付)

・関係法令に関する書類(上記した消防署に届け出た書類の写しなど)

・近隣住民への説明に関する書類(東京都では「(近隣住民の)同意」までは求められていませんが、近隣の皆様への(今後の事業の)説明をすることは必須です)

以上のような書類図面を要して、「施設として基準を満たしているので、(産業廃棄物収集運搬業 積替え保管ありを)業として申請しても良いです」となった場合は更に「業の許可申請」として、業務の内容の詳細を示した書面、運搬する車両の写真・車検から申請会社の役員様の住民票・登記されていないことの証明書から決算書・納税証明書まで様々な書類が必要になります。

積替え保管施設申請は半年~2年の長丁場です

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。この様に産業廃棄物収集運搬業(積替え保管あり)の申請にはかなりの量の書類が必要になります。そして、どんなに状況が整っている案件でもご相談→許可取得まで半年はかかります。それ以上に「そもそもこの場所で積替え保管施設が出来るのか?」の事前確認から「この場所で積替え保管施設をするために必要な届出はなんだ?(上記言うところの消防署への届出など関係法令の届出というものです)」の事前調査などもしなければなりません。これはお客様にとってはかなりのご負担だと思います。(不慣れな場合は役所に何度も何度も足を運ばなければなりません)

弊所では場所の選定・事前相談・役所への事前確認含めて全国対応しております

弊所では場所の選定から「この場所で積替え保管施設が可能か?」の役所との事前確認・事前協議から全てを全国対応で承っております。(関東一都六県はもとより大阪府、愛知県、福島県、鳥取県など各地での産業廃棄物収集運搬業(積替え保管あり)や産業廃棄物処分業の許可申請の実績がございます)

積替え保管施設有りの許可取得をお考えの業者様は是非一度、ご相談頂ければ幸いです。

料金

金 額
事務所報酬(指定作業所設置届、事前計画書、産業廃棄物収集運搬業許可申請含む) 700,000円~(お客様のご計画、ご状況で全く変わりますので、あくまで最低額です)
産業廃棄物収集運搬業許可申請手数料 81,000円
事前確認日当 30,000円~(後日正式なご依頼時にはこの金額は事務所報酬に充当させて頂きます)
別途事前確認時なの交通費 実費精算
無料相談のご案内
  • メールでのご相談は24時間承っております。お急ぎの建設業者様のため、原則、12時間以内に返信いたします。

お名前 (必須)

お電話番号(必須)

メールアドレス (必須)

ご希望のご連絡先(必須)
お電話にご連絡メールにご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る